消費増税の影響を軽視してはいけないです!

消費増税が2014年4月1日から行われました。

5%から8%になったのですが、たった3%ですが軽視してはいけないです。

なぜ、なのでしょうか。

それは、消費税を増税する前から生活が苦しい人が多いからです。

生活が苦しいからお父さんのお小遣いが減り、いままで理容室に行っていた人たちが低価格カット専門店に行くようになりました。

最近では、低価格美容室も増え女性客も流れています。

また、普段は自宅でカラーをする人も増えました。

様々な形で、消費者の節約志向が出ているのです。

美容室の専売品であった店販品でさえ、ネットで購入する人も多いのです。

そんな時代だからこそ、消費増税の影響を軽視してはいけないのですが、だから安ければ良いとはなりません。

お客様が何を求めているのか。

自店ではどのような対応をするのか。

一般の消費者を相手にしているスーパーなどでは、業界でまとまって税抜き表示に変更しました。

美容室も同様の税抜き表示にしたお店も多いですね。

本当に本体価格+消費税で良いのでしょうか。

スーパーはともかく、美容業で円単位の細かい価格になるのはどうなんでしょうか。

特に高級なイメージを考えているお店では・・・・・・・。

やはり、中小企業は勉強あるのみですね。

私と一緒に勉強しませんか。

消費税増税の対応はお済ですか!

まずは、ご相談ください。 

ご相談のご予約は03-5954-9002です。

 メールでのお問い合わせはこちらです。

 

 

ご相談は豊島区池袋・森大志税理士事務所(←クリックしてください。)