将来起業を考えていますが、どのような勉強をすれば良いですか

どんなに良い技術を持っていても、それだけでは会社の経営は出来ません。

 

特に、最低限の総務経理の知識は必要です。

 

また、サラリーマンだった方は、銀行との付き合い方も分からない、苦手な方が

多いのが現実です。

 

起業のための勉強はたくさんあるのです。

 

最初から分かる人はいません。

 

これから一緒に勉強しましょう。 

 

☆☆☆得意分野を生かす☆☆☆

大きな会社に勤めていて、自分の得意分野を活かして起業する人も

多いと思います。

そして、自分の得意分野は自信があっても、それ以外は不慣れなことが

多いのも事実です。

例えば、商品開発に自信がある人でも、よい商品を開発することは出来ますが、

それだけでは商品は売れません。

また、営業に自信があっても、よい商品がないと売上は伸びません。

大きな会社は、製造、販売、広告、総務、経理等の専任者がいて運営されています。

ところが、中小企業はそのほとんどを社長、社長夫人がこなしている場合が

多いのです。

そして、会社が大きくなるに従い営業を雇い、経理を雇うというように少しずつ

会社らしくなって行きます。

特に会社が軌道に乗るまで、起業して3年ぐらいはかかりますので、その間は

大変なのです。

実際に私が経験した例では、会社の帳簿のつけかた、経理ソフトの導入、

販売ソフトの導入、会社規定のアドバイス、銀行借入の相談、契約書の書き方等、

そのつど様々な相談がありました。

いくら得意分野に自信があっても、それ以外の分野は不安なのです。

そういう時に、得意分野に専念して安心して会社経営ができるように、お役に立つ、

税理士はそんな存在でもあります。

「がんばれ社長」応援いたします。

会社を設立しましたが、これから勉強するのは遅いですか

会社設立後に、経営がうまくいくように考えるのも起業戦略だと思っていますが、

本来は会社設立前に勉強するのが理想です。 

 

しかし、勉強をするのに早いも遅いもありません。 

 

会社の経営は、一生勉強だと思いますし 、やる気と実行力が大切だと思います。

 

会社を設立してから軌道に乗るのに3年くらいはかかりますから、その間は気が抜けません。

販売戦略、資金繰りなどやることはたくさんあります。 

 

これから一緒に勉強しましょう。

 

☆☆☆作詞家・阿久悠の時代を良く見ろ☆☆☆

作詞家・阿久悠さんが亡くなってから時が過ぎました。(2007年8月1日没)

いままで発売されたシングルの総売上枚数は6821万枚で作詞家歴代1位

であるとともに、第2位である松本隆氏の4948万枚を大きく引き離しています。

(2008年6月9日現在、オリコン調べによる)

この阿久悠氏について、2008年10月28日の朝日新聞夕刊で、元歌手・

音楽ディレクターの飯田久彦氏に取材した「阿久悠と駆け抜けた時代」という

記事があります。

阿久悠氏と飯田久彦氏は、一世を風靡した「ピンクレディ」を世に送り出したコンビです。

その回想のなかで、阿久悠氏が次のように言っていたそうです。

「時代をよく見ろ」と先生はおっしゃっていました。どうすれば時代にマッチするか、

時代の風景が浮かぶヒット曲を生み出せるか、と。



ヒット曲を出すというのは決して運だけではありません。

まして、次から次へヒット曲を出すということは、時代を読む、するどい感性が

なければできません。

「時代をよく見ろ」

このことは、政治、経済すべての世界に共通のことではないでしょうか。

私も、「税理士森大志の時代の流れを読む」というブログで「時代の流れを読む」

大切さを書きました。

今のような混迷の時代には、一喜一憂することなく、冷静に「時代をよく見ろ」という

ことが必要なのではないでしょうか。

 

時代を良く見るには、物事を理解する能力を磨く、勉強をしなければなりません。