創業助成金案内

創業助成金には次のようなものがあります。 

T.厚生労働省の助成金等

 

 

厚生労働省の助成金等

厚生労働省の助成金等には次のようなものがあります。

1.受給資格者創業支援助成金

雇用保険の受給資格者自ら創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、当該事業主に対して創業に要した費用の一部について助成します。

 

2.高年齢者等共同就業機会創出助成金

45歳以上の方が3人以上で、自らの職業経験等を活用すること等により、共同して事業を開始し、労働者を雇い入れて継続的な雇用・就業の機会を創設した場合に、当該事業の開始に要した経費の一定範囲の費用について助成されます。

 

3.再就職手当

雇用保険の受給資格者自らが、雇用保険の適用事業の事業主となって雇用保険の被保険者を雇用する場合や、事業の開始により自立することができると認められる場合についても、事業開始日の前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あり、一定の要件に該当すれば支給されます。

 

4.中小企業基盤人材確保助成金

中小企業労働力確保法に基づく改善計画の認定を受けた中小企業者が、新分野進出等に伴い経営基盤の強化に資する人材(以下「基盤人材」という。)を雇用保険の一般被保険者として雇い入れた場合、又は基盤人材の雇い入れに伴い基盤人材以外の新分野進出等に必要な労働者を雇用保険の一般被保険者として雇い入れた場合に、当該雇い入れについて助成金が支給されます。

 

5.地方再生中小企業創業助成金

地方再生事業を行う法人を設立又は個人事業を開業し、就職を希望する者(65歳未満)を雇用保険の一般被保険者として1人以上雇用した場合に、新規創業に係る経費及び労働者の雇い入れについて助成金が給付されます。

 

6.地域再生中小企業創業助成金

地域再生中小企業創業助成金地域再生事業を行う法人を設立又は個人事業を開業し、就職を希望する者(65歳未満)を雇用保険の一般被保険者として1人以上雇用した場合に、新規創業に係る経費及び労働者の雇い入れについて助成金が給付されます。

 

詳しくは、こちら(厚生労働省の創業支援)でご確認ください。