価格には訳がある・本当にぼったくりですか!

【メルマガ第0025号】 

『価格には訳がある・本当にぼったくりですか!』

 

観光地などに行くと、自動販売機の飲み物も観光地価格と言われる価格

になります。

 

通常は110円で売っている物が150円だったりします。

 

確かに高いと思いますが、だから安くできるかと言うと安くなりません。

 

商売をしたことのない若い人で、すぐぼったくりだという人がいますが

本当にそうでしょうか。

 

たとえば、原価一本100円の水を富士山の山小屋で売る場合はどう

考えますか。

 

山小屋ですから、車で運べません。

 

したがって人力で運びますが、日当1万円の人が一日100本運べれば一本

当たり100円になります。

 

そうすると原価と運送費だけでも200円になります。

 

都会では、日当1万円の人が1万本運べるとすれば、運送費は一本当たり

1円です。(車の償却費、ガソリン代などは無視します。)

 

同じ商品でも仕入れの状況、販売する場所などで売価が変わるのです。

 

この違いを理解しなければいけません。

 

旅館などで仲居さんに食事を運んで貰えば、仲居さんの給料分だけコストが

かかります。

 

自分で食事処に行き食事がバイキングであれば、人件費の節約ができるのです。

 

経営者として優れている人は、このような違いをよく理解しているし、

原価計算が正確で早い。

 

商売が下手だと言われるような人は、このような違いがきちんと理解

できない人が多いのです。

 

したがって、仕事の見積もりが甘くなりがちです。

 

計算が苦手だという人は結構いますが、ある程度の計算ができませんと

会社経営をしてもうまくいきません。

 

計算が苦手な人も勉強して理解できるようになりましょう。

 

本当に経営は難しい、一緒に経営の勉強をしましょう。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

(2010.03.08配信、2010.04.08公開)