独立して初めて分かることがある!

【メルマガ第026号】 

『独立して初めて分かることがある!』

 

今日は独立して初めて分かることがあるという題です。

 

ことばを変えて言いますと、独立しないと分からないことがあるという

ことです。

 

働いていて店長などを任され、経験を積んで自信ができ独立するという

パターンが多いと思います。

 

店長として働いているときは、こんなに売上があるのに自分の給料が

少ないと不満を持っている人も多くいます。

 

売上の半分も貰えませんから、分らない人は不満でしょう。

 

しかし、そのような人が独立すると、まず資金繰りに苦しみ、社長の

気持ちがよくわかるというようになるのです。

 

会社(お店)を経営するということは、思った以上に目に見えないお金が

出ていきます。

 

家賃、水道光熱費、開店資金を借り入れで賄った時は、借入返済、支払利息

など様々な経費がかかります。

 

そして、働いていた時は遅く感じた給料日も、支払側に回りますと早いと

感じるようになります。

 

このようなことがどうして起きるかと言いますと、経営についての勉強を

していないので、計算ができないからです。

 

自分の任されているお店の売り上げは分かっても、それ以外の経費が

どの程度かかるか分からない。

 

計算のできない人が、会社を経営しても上手くいくわけがありません。

 

私は税理士として、そのような方々をたくさん見てきました。

 

ですから、この『起業戦略塾』を立ち上げ、皆さんと一緒に勉強しようと

思ったのです。

 

ただ、いままではがむしゃらにやってきましたが、これからは、本当にやる気

のある方々と一緒にがんばりたい。

 

いつも何かをしてくださいというような受け身の考え方では、この激動の

時代を生き残ることはできません。

 

私と一緒に会社経営について考えましょう。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

(2010.03.15配信。2010.04.09公開)