みんなが知った時がピークです!

【メルマガ第027号】

『みんなが知った時がピークです!』

 

いまインターネットの発達により、多くの人が同じ情報にふれることが

できます。

 

そのことは大変素晴らしいことですが、みんなが同じ行動に走りやすいと

いうこともできるので、怖い面もあります。

 

良いことは加熱しやすくなり、悪い時は冷めやすいのです。

 

今回の世界同時不況も、悪い情報が世界中を駆け巡り、広がっていきました。

 

ある商品が売れている場合、自分も真似をして売ろうと思っても、みんなが

同じように売ろうと考えます。

 

どんな時もそうですが、情報がでた時が、その商品のピークであることが

多いのです。

 

常に話題の商品を追いかける人がいますが、最初は売れても最後は在庫を

抱えて苦労する結果になります。

 

需要を追いかけるより、需要を創造しなければ長続きしないのです。

 

日本経済は団塊の世代と言われる人たちがリードしてきました。

 

高度成長期に電化製品の三種の神器と言われた白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機は

団塊の世代が家庭を持った時が、多く売れたのです。

 

そう考えますと、団塊の世代の方々が定年を迎えリタイヤするのに合わせた

企画商品の開発を進めたい。

 

銀行が退職金を狙い、旅行会社が記念旅行を考え、国税庁も相続財産に課税

することを考えているかもしれません。

 

このように先を読んで考えた人が、勝ちます。

 

このようなことは、勉強している人には当たり前であっても、まったく

気がつかない人もいます。

 

私と一緒に勉強しましょう。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

(2010.04.15更新)