QBハウスの戦略

昔は低価格理容室といえば、「未熟な技術者が腕を磨く店」という

イメージがあり、実際にそのようなお店も多くありました。

 

私の覚えている低価格のカット専門の美容室も、多店舗化した

のち倒産しました。

 

それが、いまや日本全国に多くのお店を構えるヘアカットの

専門店が出現したのです。

 

低価格イコール安売りと連想しがちですが、そのビジネスモデル

は入念に練られたものであり、だからこそ日本全国にひろがって

いったのです。 

 

今回は、ヘアカット専門店のフランチャイズ事業および店舗経営を

行っている「QBハウス」の戦略を研究いたします。

 

QBハウス(屋号)とはヘアカットの専門店で、正式社名を

キュービーネット株式会社と言います。

 

事業内容はヘアカット専門店のフランチャイズ事業および店舗経営です。

約10分でカットを行い、料金は1000円(税込み)ですので、

一見安いようですが、この料金は安いようで安くないのです。

 

私の行く事務所近くの床屋さんは約40分で3900円ですから、

10分当たりの料金はほとんど同じです。

 

QBハウスの考え方は次のようなものです。

「通常、一般のサロンで行うシャンプーやブロー・シェービング等、

お客様ご自身で出来ることはサービスに含まず、お客様が出来

ないこと”カット”のみに特化したサービスを提供するヘアカット

専門店です。」(QBハウスホームページより)

 

通常の床屋で行う作業を徹底的に分析し、お客様が出来ること

以外をお店で行うようにしたのです。

 

ですから、これは値下げではありません。

 

一日の営業時間が同じであれば、お客様の人数は多くなりますが

同じ売上を上げることが出来ます。


一日の営業時間を10時間としますと

1000円×60人=60000円(QBハウス)

4000円×15人=60000円(一般のお店)

売上は同じです。

 

昔の安い床屋さんは、未熟な技術者の練習をするような

お店が多かったのですが、 QBハウスは違うのです。

 

普通の技術者がカットをするお店なのです。

また、QBハウスは駅の中にあるお店も多いのですが、

トイレのそばでもOKなのです。

 

高級店であればイメージも大切なのですが、QBハウスは

安く早くカットをしてもらいたいお客様が主流なのです。

 

逆に、トイレのそばにあることで探しやすかったり、家賃が安い

メリットもあるのです。

 

私は、このQBハウスの考え方は、私たちの価格戦略にも

応用できると思っています。

 

原材料価格の高騰で商品価格の値決めに苦しんでいる会社に

応用できるかも知れません。

 

そのためには、仕事の内容、製品原価の徹底的な分析が必要なのは

言うまでもありません。

 

長引く不況で低価格競争が激化している今、低価格であるけれど

安売りではない『QBハウスの戦略』は、私たちが研究しなければ

ならない課題だとも言えます。

 

一緒に研究しましょう。

 

 税理士森大志への相談は、森大志税理士事務所の新しいホームページをご覧ください。
http://www.moritaishi.net/

税理士森大志の執筆、セミナーの実績は、下記をご覧ください。
http://www.moritaishi.net/seminar