消費税を増税したらどうなる!

消費税を増税することに根強い反対があることは、昨日話しました。

 

消費税とは、最終消費者が負担する税金にも関わらず、

事業者の方々の反対が多いのです。

 

どうして反対が多いのか。

 

消費税率は今5%ですから、100円に対して5円です。

 

事例をあげて考えてみましょう。

 

パーマ代金が8000円だとしますと、今は8400円

お客様から頂きます。

 

これが、消費税率10%になりますと、8000円の

パーマ代金は税込8800円になります。

 

そうしますと、お客様の負担は

8800円-8400円ですから400円増えます。

 

このことは、みなさん理解できると思います。

 

今、一般の方々の収入は増えるどころか減っています。

 

そんな中、支出が増えることは敬遠されます。

 

消費者の財布のひもは、ますます固くなるでしょう。

 

お客様の財布のひもが固くなるので、美容室で

パーマ代金を8400円(消費税込の価格)のまま、

据え置いたらどうなるでしょうか。

 

消費税は、売上にかかる消費税から仕入れにかかる消費

税を控除した額を納める税金ですから次のようになります。

 

消費税5%の場合

 

8400円×5÷105=400円(消費税)

 

消費税10%の場合

 

8400円×10÷110=763円(消費税)

 

この場合は、パーマ代金7637円、消費税763円で

トータル8400円になります。

 

仕入れにかかる消費税が変わらないとすれば、

 

763円-400円=363円

 

税込み価格を据え置きますと、363円お店が納める

消費税が増えるのです。

 

特に中小零細企業は、消費税率が上がっても今までと

同じ価格でやるケースが多いと考えられます。

 

だから、根強い反対があるのです。

 

消費税は消費に影響がある税ですので、経営者はこのような

税の仕組みを理解して対応を考えることも大切です。

 

経営と言うのは一生勉強です。

 

私と一緒に勉強しましょう。

 

美容経営の森大志税理士事務所は、経営について一緒に考える税理士事務所です。

ですから、税務顧問契約で経営も相談できます。(売上が上がれば元はとれます)

顧問税理士のいる会社の経営相談業務だけでも承ります。

遠方の方は、メール顧問可です。まずは、お問合わせください。

お電話ありがとうございます。ご予約は03-5954-9002です。

 メールでのお問い合わせはこちら

 

税理士森大志は、豊島区池袋の税理士です。

お近くの方は、お気軽にお出でください。

 

池袋駅からも近い税理士事務所なので、板橋区、練馬区、

北区、文京区、新宿区、渋谷区、港区、千代田区、江東区、

墨田区等、23区からご来所いただいています。

ご来所ありがとうございます。